ひとりごと

看護師は副業をしちゃいけない?そんなの現代には合わないよねという話。

私が毎週欠かさずに見るテレビ番組の中に、毎週火曜日23:00から放送している「セブンルール」があります。

知らない人のためにざっくり紹介すると、「すべての女性の輝きのために」をテーマに、働く女性が自分に課している7つのルールを紹介するという番組です。

もともとエッセイを読んだりとか、その人自身の考え方や生き方に触れるような作品が好きな私にとって、この番組はまさに好みドンピシャでした。

3月19日放送のセブンルールの主人公は、「動物写真家」の半田菜摘さん、という方でした。

番組中に半田さんの作品が多数出てくるのですが、写真の中の動物たちは生き生きとして、目が輝いていて、というか写真そのものの空気が輝いていて。
動物は、自然の厳しさの中でこんなに美しく生きているんだ、という尊さや羨ましさも感じさせてくれるような写真でした。

そんな写真の魅力の影響もありますが、それ以上にこの記事を書きたいと思ったのは、半田さんがフルタイムで働く現役の看護師さんだったからです。

半田さんはこの放送の中で、看護師でありながら写真家という二足のわらじを履くことが「プロとして甘い」、「よく思ってない人もいるよ」と言われたこともあると語っていました。

そこで今回は、看護師が同時に他の仕事をすることは、批判されるべきことなのか?
ということについて考えていきたいと思います。

看護師の副業はアリなのか?

私個人の意見としては、看護師の副業はアリだと思っています。

上記のように、看護師でありながら他の仕事をすることに対して「責任感がない」などと言うつもりが、少しも沸いてきません。

責任感のないヒトはもともと責任感のないヒトだろうし、それは副業をやってもやらなくても同じではないでしょうか。

看護師以外にしてみたい仕事を見つけたら、一度きりしかない人生、どんどん挑戦するべきだと思っています。

その人にはその人の生き方がある。それを止める資格は、誰にもないと思っています。

加えて、自身の経験もあります。

育休後に復帰した私のお給料は、手取り15万円でした。

月に夜勤1回しかできなかったので、世間では高給と言われる看護師なのに、ここまで下がりました。ド田舎というのももちろんある。

私ひとりで働いているわけではなく、共働きなので何とかなりました。

しかし、もし夫が病気になって共働きできない、となった時、夫と子どもをずっと養っていくのに十分なお金とは言えません。心許なさすぎる。

そういったおカネの面でも、副業は許されて然るべきだと思います。

ただもちろん、副業を禁止している病院もあります。

世間一般で見ても、副業OKな職場も増えてきてはいるものの、まだまだ副業禁止の職場は多いみたいですね。

職場が副業を禁止する大きな理由のひとつに、「本業に支障をきたすため」というのがあります。

病院の就業規則に副業禁止という項目が入っているなら、それを守らなければ、最悪解雇されることになるでしょう。

許されるべきだと心では思っていますが、副業禁止の病院を選んで勤めている以上、そのルールには従うべきだとは思います。

看護師と同時に副業をしたい場合は、就職・転職の際に、副業OKの病院を選ぶのが、副業をする上で最低限の条件、マナーだと考えています。

看護師は副業がやりやすい仕事

看護師の仕事は多種多様です。

フルタイム、時短勤務、パート、夜勤専従、派遣と働き方も豊富で、その中から自由に選択することができる職業というのは、多くはないですよね。

看護師以外にはなかなかできない、看護師ならではの魅力だと思います。

パートや派遣、夜勤専従などで働く時間をセーブし、しっかり稼ぎつつほかの時間を副業の時間にあてるという働き方が叶えられやすいです。

看護師以外に副業ができるって、素直にすごいと思う

半田さん、フルタイムで看護師をしながら写真家やっているんですよね……。すごくない?

番組の中で、「撮影に費やせる日は、8日」とナレーションが入りました。さらっと。

いや、4週8休なら休み全部撮影に費やしてるってことでしょ……。

動物を撮るために雪山を歩いて、1万キロカロリーを消費する時もあるんだって。

フルタイムで働いていた時の自分を思い出して、半田さんと同じことをしていたら、自分いま無事に生きていられたかわからないなぁ……。

看護師をしていた身としては、尊敬の一言です。

情熱があれば、それがカラダを動かしてくれるのかもしれないけれど、これからも体を大切にして魅力的な写真を撮り続けてほしいです。もうすっかりファンだよ私は。

モモンガ、超絶かわいかった。

最後に

今日は副業のことについてここまで書いてきましたが、番組を見る中で、きっと半田さんにとっては看護師と動物写真家のどちらも「本業」なのだろうと感じました。

看護師の副業については、この記事を皮切りにいろいろ書いていきたいことがあります。

じっくり考えて書きたいテーマもあるので、更新は遅くなると思います。

よろしくお願いします。

ちなみに、半田菜摘さんの7つのルールは以下に載せておきますね。

半田菜摘さんのセブンルール

1.撮影前夜は車中泊
2.まずは動物の正面に座る
3.ストロボと連写はしない
4.病院に写真を飾る
5.グチはノンアルコール
6.フンがあればにおいを嗅ぐ
7.二足のわらじは脱がない

セブンルールは、女性の働き方やヒトの生き方って本当に多種多様であること、忙しくてつい忘れてしまう自分の世界以外のことを思い出させてくれる番組です。

面白いから、興味があったら見てみてね。火曜日23:00~カンテレだよ。

終わり。